フリーエンジニアの未来はどうなるか

フリーエンジニア を志望する方にとって、今はともかく将来的にフリーエンジニアとして必要とされ続けるのか、どんな困難が待ち構えているか、などは気になるところでしょう。

まず第一に、エンジニアという職業自体に対するニーズがどうなるか。そして、第二に企業に属さずに働くフリーエンジニアという働き方がこれからもずっと可能なのかという点です。

第一のエンジニアに対する需要ですが、これに関しては現時点では楽観的だと言えるでしょう。

IPA(情報処理機構)の統計によれば、ここ10年間にわたってITエンジニアの人口はほぼ増え続けています。にも関わらず、2018年時点で22万人ものITエンジニア が人材不足であるとされています(経産省調べ https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf )。

2030年時点の予測でも低位予測でも16万人、最大で79万人が不足するとの予測がなされています。人口減少社会にあって、さらにこれだけの需要の伸びがあるエンジニアという職業には、まだまだ需要があるといえるでしょう。

第二のフリーエンジニア という働き方の将来性ですが、これもある程度楽観できるのではないかと思います。

企業としては、必要に応じて仕事を割り振れるフリーエンジニア に対する需要というのは業界が存続する限り、増えはしても減るということは考えにくいはずです。

人手不足の時代が来ている以上、アウトソーシング化の流れはやはり必須です。腕のあるエンジニア を獲得するのが難しくなれば、やはり柔軟な働き方にも企業側が応じていく必要があります。

とはいえ、エンジニア 側としてもスキルを磨き続けることで会社側のニーズに応えていく必要があるでしょう。フリーエンジニア としての未来を確実なものとしていくには、より広い知識を備えるか、特定の分野の技術を磨くかが必要になってくるでしょう。

なお、フルリモートの仕事を得るにはちょっとスキル不足だけれど、常駐フリーランスから始めてみたいという方には、そうした仕事を紹介してくれるエージェントがあります。よければ一度ご覧になってみて下さい。