フリーエンジニアの未来はどうなるか

フリーエンジニア を志望する方にとって、今はともかく将来的にフリーエンジニアとして必要とされ続けるのか、どんな困難が待ち構えているか、などは気になるところでしょう。

まず第一に、エンジニアという職業自体に対するニーズがどうなるか。そして、第二に企業に属さずに働くフリーエンジニアという働き方がこれからもずっと可能なのかという点です。

第一のエンジニアに対する需要ですが、これに関しては現時点では楽観的だと言えるでしょう。

IPA(情報処理機構)の統計によれば、ここ10年間にわたってITエンジニアの人口はほぼ増え続けています。にも関わらず、2018年時点で22万人ものITエンジニア が人材不足であるとされています(経産省調べ https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf )。

2030年時点の予測でも低位予測でも16万人、最大で79万人が不足するとの予測がなされています。人口減少社会にあって、さらにこれだけの需要の伸びがあるエンジニアという職業には、まだまだ需要があるといえるでしょう。

第二のフリーエンジニア という働き方の将来性ですが、これもある程度楽観できるのではないかと思います。

企業としては、必要に応じて仕事を割り振れるフリーエンジニア に対する需要というのは業界が存続する限り、増えはしても減るということは考えにくいはずです。

人手不足の時代が来ている以上、アウトソーシング化の流れはやはり必須です。腕のあるエンジニア を獲得するのが難しくなれば、やはり柔軟な働き方にも企業側が応じていく必要があります。

とはいえ、エンジニア 側としてもスキルを磨き続けることで会社側のニーズに応えていく必要があるでしょう。フリーエンジニア としての未来を確実なものとしていくには、より広い知識を備えるか、特定の分野の技術を磨くかが必要になってくるでしょう。

なお、フルリモートの仕事を得るにはちょっとスキル不足だけれど、常駐フリーランスから始めてみたいという方には、そうした仕事を紹介してくれるエージェントがあります。よければ一度ご覧になってみて下さい。

フリーエンジニアの辛さとは?体験者の声を元に解説していく

組織に属すことなく、自らの技術一本で生活していくフリーエンジニア 。

そこには憧れるかっこよさがありますが、その裏には大変さが隠れていることも想像がつきます。

今回はフリーエンジニア の抱える大変さについて経験者の声をネット上から拾いながら解説していきます。

フリーエンジニア の大変さその1。「いつも安定しているとは限らない」

組織に属する会社員エンジニアと違い、フリーエンジニア の仕事はいつでも安定してあるわけではありません。

景気に左右されたり、たまたま時期的に仕事がないときもあるかもしれません。会社に属しているうちは会社が存続している限り仕事がなくなるということはありませんが、フリーエンジニアは基本仕事を自分で探さなくてはならないのでそういう事態に直面することもあり得ます。

フリーエンジニア の大変さその2。「会社員とのギャップ」

フリーエンジニア の魅力といえばその収入の良さです。同年代の会社員より収入が良いというのはよく聞く話です。しかも、うまく案件をこなしているフリーエンジニアの労働時間は会社に属するエンジニアより短くて済むという話も聞きます。

しかし、フリーランスの良さがあれば、会社員の良さというものもあります。

福利厚生の良さ、社会保険の充実、ミスをカバーしてくれる同僚や上司、クレジットカードやローンを簡単に組める、これらは会社員の長所です。

自由で収入はいいけれど、会社に属して働くことの安心感というものも実は魅力的だったりするものです。

自由で高収入を得られるチャンスのあるフリーランスエンジニアか、安定した環境で様々なプロジェクトにチャレンジできるインハウスエンジニアか。自分の適性や希望をよく考慮していく必要があるということでしょう。

フリーエンジニア の大変さその3。「仕事先の新規開拓」

その1とも共通していますが、やはりフリーエンジニア として生活を安定させていくには、新たな仕事先を常に開拓していけるかどうかがポイントになってきます。

特にエンジニアとしてのキャリアが浅いうちは、なかなか新規の仕事を受注するのも難しいかもしれません。

そうした状況を打破していきたい方にはフリーエンジニア 向けのエージェントがオススメです。

熟練のフリーエンジニア から経歴の短いエンジニアの方まで、幅広いキャリアの人向けの案件を紹介してくれます。

会社勤めをしていてフリーエンジニア に興味のある方も登録しておいて損はないです。どんなスキルがあるか、どんな案件に興味があるかを伝えておけば、いずれ独立となったときに素晴らしい案件を紹介してくれることでしょう。

というわけで、フリーエンジニア の辛さとその解説でした。お読みいただき、ありがとうございました。

フリーエンジニアの仕事の取り方とは?

フリーエンジニアになった後、どう仕事を取ったらよいのか。フリーのエンジニアの方なら誰でも最初に考えることでしょう。

そのためには主に三つの方法が考えられます。一つ一つ確認していきましょう。

1.インハウスエンジニア時代の会社のツテをたどる。

最も多いパターンがこれでしょう。つまり、知人の人脈で仕事を取る方法です。

会社での経験をある程度積んでいるエンジニアの方なら、取引先や勤め先での人脈がかなりあると思います。

考えてみてほしいのですが、誰かに仕事を頼みたいと思った時、全く知らない新規の依頼先を開拓するのはかなり心理的にもハードルが高いものです。

どの程度のスキルがあるのか、丁寧に仕事をこなせるのか、納期をきちんと守るのか。安く請け負ってくれると思ったら追加料金を請求されるかもしれません。

そうした心配をせずに済むのは、やはりある程度付き合いのある知人でしょう。

フリーランスとして独立する気のある人なら、すでに一定程度仕事をくれる取引先などを見つけているかもしれません。まだの方は、そういう仕事相手を見つけてある程度の信頼感が生まれてから独立すべきかもしれませんね。

2.クラウドソーシングサイトで募集に応募する

これもメジャーな方法です。仕事相手を探す人が集まるクラウドソーシングサイトで募集に応じる方法です。

もちろん、こうしたサイトではエンジニア向けの案件も多数あります。また、誰でもできる仕事ではないのでエンジニア向けの案件は一般的に高単価のものが多いのも特徴です。

ただ、クラウドソーシングサイトで仕事を探すのには何点か問題があります。

1つ目は、依頼元が必ずしも信頼できるかどうかがわからないという点です。

たとえば、依頼内容が曖昧で達成すべき内容が曖昧であったり、仕事内容に比べて報酬が安かったりするケースです。

ひどいものになると、表にされていない条件が付いていたり、仕事に応じたにも関わらず報酬がきちんと支払われなかったりする場合もあるとのことです。

仕事の依頼元が信用できるかどうかわからないのがこうしたサイトの難しさです。身元を明らかにしなくても仕事を依頼できるのでこうしたトラブルも起こりがちなのです。

2つ目は、こうしたサイトで仕事を受託するには一定程度の実績が必要だという点です。

応募者が一人しかいなければ受注できる可能性は高いですが、条件のいい仕事ほど多くの応募があり競合します。

そうした場合、新規に登録したユーザーよりはすでにある程度そのサイトで実績があり、高評価を得ているユーザーの方が発注される可能性は高いのです。

ある程度実績を積むにあたっては、最初は低単価の仕事にも応じる必要があるかもしれません。

また、一般的にこうしたクラウドソーシングサイトへ発注される案件はやや安めの値段設定で発注される傾向があるように思います。いわば値段の公開された入札とでもいうべき方法なので、発注する側にとって有利な提案ほど通りやすいのです。

とはいえ、すでに実力のあるエンジニアにとっては新規の仕事相手を開拓するのに良い手段であると言えます。

だけど、十分に仕事を振ってくれる相手もいなければクラウドソーシングサイトで受注できる実績がまだないという方はどうすればいいのか、それには第三の方法があります。

3.フリーエンジニア向けのエージェントに登録する

やる気はあるのに仕事を振ってくれる相手がいない、そんな方にはフリーエンジニア向けの仕事を紹介してくれるサービスがあります。

まだ経験の浅いエンジニアの方や、特殊なスキルしかない方を対象にした案件も紹介してくれるので安心して登録できます。

登録したからといってすぐに仕事を始めなくてはならないわけでもないので、とりあえず登録してどんな案件があるのかを知っておくのも一つの手ではないでしょうか。

以上、フリーエンジニアの仕事の取り方でした。